今すぐお金を借りる方法50選!即日融資を希望の方はこちら

お金を借りなければならない…急にこういった状況になってしまうこともあります。

冠婚葬祭、急なけがや病気など、急な入用の時にお金がなければ借りなければどうしようもない状況になることもあるでしょう。

しかしこれまでお金を借りたことがないと、実際にどうしたら良いのでしょうか?

そこで今お金を借りるのであれば、どこで借りたら良いのか、どこで借りたら最も効率よく負担も少なく借りられるのか、まとめてみました。

急いでお金を借りなければならない!という人から、先々のために知識だけでも取り入れておきたい人まで、たくさんの人のお役に立てると嬉しいです。

すぐにお金を借りたい方は3つのやり方がある

まずお金を借りる方法には、どのような方法があるのでしょうか?

ざっくり浮かぶだけ数えてみても、4つくらいは思いつくのではないでしょうか。

  • 消費者金融から借りる(最短25分程度)
  • 銀行からお金を借りる(平日であれば最短翌日)
  • クレジットカードのキャッシングを利用する(契約があれば即時可能)
  • 友人や親族にお金を借りる

すぐにお金が必要な方は大きく分類するとこの4つの方法だと最短25分から翌日までには借りられます。

友人や親族は状況によって大きく異なるので、今回は触れません。それ以外の3つについて、解説していきたいと思います。

お金を借りる際に知っておきたい金利や審査スピードなどの比較項目について

お金を借りる方法を3つ紹介していきますが、その中で、比較される点をご紹介します。

  • 実質年率(金利)
  • 無利息期間サービス
  • 審査スピード(即日融資対応か)
  • 審査に通るのか(融資可否)
  • 総量規制の対象になっていないか

まず金利については、お金を借りるうえでは一番意識したいポイントです。

貸す側にとっても、借りる側にとっても最も大切といっても良いでしょう。

お金を借りる際の金利は、借りる金額によって変わるものであり、基本的にはたくさん借りるほどに金利が低くなるものです。

そして金利は、残額に対して毎月かかるので、高い金額を短い期間借りると最も低くなります。

自分の必要な金額に合わせて、金利がどれくらい要するのかを知りたい人は、今はシミュレーションも簡単にできるので、利用してみると良いでしょう。

無利息期間は言葉のとおり、利息がかからない期間です。これが設けられているのは今回紹介する方法の中では、消費者金融のみです。(極一部、銀行カードローンにもあります。)

利息が全くかからないので、借りた金額分だけを返済すると良いのですが、利用できるのは初回利用の場合のみとなっています。

消費者金融の中には初回利用時30~60日間金利が無料、というサービスが設定されている場合があります。

限定的なサービスとはいえ、お金を借りるうえではこれ以上にないお得なサービスなので、利用しない手はないでしょう。

審査スピードとは、お金を借りようと思ったその日に借りられるというものですが、現在はこれができるのは消費者金融のみとなっています。

銀行カードローンは法律によって、最短でも申込みから翌日でなければ貸付できなくなっていて、クレジットカードのキャッシングも、キャッシングの利用審査に最短でも1日は要します。

どうしてもその日のうちにお金が必要になった場合は、消費者金融であれば即日でお金が借りられると覚えておきましょう。

審査については、お金を借りるうえでは、必ず審査を受けなければなりません。

審査の内容は「返済能力」「金融事故歴」の2点に尽きます。返済能力は、年齢や収入、家族構成、住居の自己所有などから、確実に返済出来ているかの力を審査します。

そして金融事故歴は、過去にお金の借入、返済に対して悪質な遅延などがないか、自己破産や個人再生歴がないかなどを、信用機関を通して審査します。

これらをクリアすると審査をパスできるのですが、借入先によって審査の厳しさや時間は大きく異なります。

しかし「安定した収入」「金融事故歴なし」というのは、どの借入方法に関しても必須条件なので、もしこれらが満たされていない場合は、お金を借りるのは難しいと考えておきましょう。

ただし必ず借りられない、というわけではありません。

総量規制とは、「貸金業法」で定められている融資限度額のことです。融資を行う際は、貸し付ける相手の年収の3分の1までしか融資してはならないという規則です。

これらは、「貸金業」にのみ適用されるので、今回の3つのうちでは、消費者金融、クレジットカードのキャッシングに適用されます。

融資の最大限度額は、各会社によって定められているのですが、結局のところは、年収の3分の1までしか借りられません。

ただし銀行カードローンについては「銀行法」が適用されるので総量規制の対象外となります。これらを理解しながら、借りる相手を決めると良いでしょう。

それでは、これらの点を踏まえながら、消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングについて見ていきましょう。

消費者金融のカードローンなら最短25分で融資を受けられる

消費者金融のカードローン事例
金利(実質年率)融資限度額総量規制即日融資
3.0%~18.0%最大800万円適用可能
無利息期間担保・保証人審査の早さ審査の厳しさ
30日間~60日間なし数十分~数時間

消費者金融は、貸金業を営む一般企業から融資を受ける方法です。アコムやプロミス、アイフルと言うとなじみがあるでしょう。

お金を借りたことのない人にとっては、「消費者金融」は少し不安な響きでもあります。

どうしても良いイメージがありませんよね。しかし、今は消費者金融もそのサービス内容を昔と大きく変えています。

かつては「サラ金」と呼ばれ、高い金利でお金を貸していたのは事実ですが、厳しい法規制が入り、今では金利がかなり落ち着き、厳しい取り立てなどもなくなりました。

消費者金融側も厳しい規制により変わらざるを得なくなった、というところです。

今となっては大手銀行の傘下企業となり、サービスもどんどん良くなっています。

アプリと連動しており、借りやすく、返しやすい、毎月返済金額や支払い時期を明確に知らせてくれるので、うっかり支払い忘れも防げます。

ユーザーに寄り添ったサービスが増えている今、かつての消費者金融のイメージとは違ったものと考えて良いでしょう。

それでは、消費者金融の特徴を一つずつ見ていきましょう。

無利息期間がある消費者金融であれば利息を抑えながら融資を受けられる

消費者金融の最も特徴的な点は、無利息期間が設けられているという点でしょう。

初回利用だけという限定的なサービスですが、利息なしで借りられる以上にお得な借入方法はありません。

初めてお金を借りるという人は、特別な事情がない限りは、消費者金融を利用するのがベストです。

ただし、無利息期間は、多くが30日間で長い場合でも60日間です。その期間を過ぎてしまうと、通常通りの金利がかかってしまうので、サッと借りてサッと返すようにしましょう。

各消費者金融の無利息期間をまとめているので、参考にして下さい。

消費者金融サービス無利息期間
アコム30日間
プロミス30日間
アイフル30日間
SMBCモビットなし
レイクALSA60日間/180日間(5万円まで)

すぐにお金が必要な方は即日融資に対応した業者を選ぶこと

お金を借りたいと思ってから、審査を受けて実際にお金が手元に渡るまでを即日で行えるのは消費者金融だけです。

急な出費の場合にもすぐ借りられるという安心感があります。借り方も銀行口座への振り込みや、消費者金融の店頭ATM、コンビニのATMと多義に渡るため、不便なく借りられます。

審査が不安な方は通りやすいカードローンを選ぶこと

消費者金融は審査に通りやすいことで知られています。

お金を借りるときは「安定的な収入」がとても重要ですが、消費者金融はある程度収入にムラがあっても借りられる場合があります。

フリーランスやパートタイマー、フリーターは銀行からお金を借りるのは難しいのですが、消費者金融では可能性はあります。

ただし審査に通りやすいといっても「無収入」「金融事故歴がある」といった場合は審査には通らないので、お気を付けください。

借入・返済方法が多様で利便性の高い業者を選ぶこと

消費者金融は、即日融資・無利息期間・審査の通りやすさから、金融サービスとしてかなり消費者に寄り添っていることがわかります。

そしてそれ以外にも借入・返済方法の多様さでも、より利用しやすくなっています。

まずは借入方法から見ていきましょう。

 スマホアプリ(セブン銀行ATM)自社ATM提携先ATM(銀行・コンビニATM)振込
アコムあり
プロミスあり
アイフル可*あり
SMBCモビットあり
レイクALSAあり

*アイフルのみローソン銀行ATMにも対応しています。

続いて返済方法です。

 スマホアプリ(セブン銀行ATM)自社ATM提携先ATM(銀行・コンビニATM)振込口座振替
アコムあり
プロミスあり
アイフル可*あり
SMBCモビットあり
レイクALSAあり

*アイフルのみローソン銀行ATMにも対応しています。

借入・返済方法の中でも最も便利になのが、スマホアプリでしょう。

スマホアプリで借入・返済する際は、ローンカードが必要なく、QRコードを読み込ませて入金します。

とても気軽に借入・返済できるので、積極的に利用しましょう。

融資実行が翌日以降で問題ない方はやや金利が低い銀行カードローンがおすすめ

金利融資限度額総量規制即日融資
1.8%~14.0%最大800万円適用なし不可(最短翌日)
無利息期間担保・保証人審査の早さ審査の厳しさ
なしなし1日

続いて銀行カードローンです。銀行カードローンは、銀行が運営するカードローンです。

銀行が運営しているという安心感があり、不信感なくお金を借りられます。

消費者金融でお金を借りているというと、周囲の目が気になってしまう人もいますが、銀行からお金を借りているのなら気にならない、という人も多いでしょう。

そうした社会的信用の高さや安心感から銀行カードローンを借りる、という人も多いです。

他にも銀行カードローンの特徴があるのでこちらも一つずつ見ていきましょう。

長期借入を希望する方は上限金利が低いカードローンを選ぶのがおすすめ

銀行カードローン最大の特徴は、消費者金融と比較すると低金利のカードローンという点です。

消費者金融が18.0%程度に対し14.0%程度と、4%も低くなります。これは最大金利なので、低額融資の場合に大きな違いが出てきます。

高額融資の場合は、銀行カードローンも消費者金融もあまり変わりません。

低額融資を希望するときは、消費者金融の無利息期間の代わりに金利が低い、というのが銀行カードローンの特徴となります。

初めて借りるときは消費者金融から、万が一2回目借りる場合があれば、銀行カードローンを利用するのも良いでしょう。

他にも無利息期間はあくまで短期的に無利息になる期間が設けられるだけので、長期融資には向きません。長期融資を希望する場合は、銀行カードローンを利用しましょう。

銀行カードローンの金利を一目でわかるように、各社まとめたのでご覧ください。

銀行名金利(実質年率)
三菱UFJ銀行(バンクイック)1.8%~14.6%
三井住友銀行4.0%~14.5%
楽天銀行1.9%~14.5%
りそな銀行3.5%~13.5%
イオン銀行3.8%~13.8%
ソニー銀行2.5%~13.8%
みずほ銀行2.0%~14.0%
横浜銀行1.5%~14.6%
調査日 2022年5月1日

初回時で限度額が100万円以内の方は、上限金利での契約となる事例が多いため、そもそもの上限金利が低いカードローンを選ぶのがおすすめです。

限度額を高くするための増額審査や、遅延などすることなく長期利用によって金利が下がることがあります。

住信SBIネット銀行カードローンの契約更新メールより引用

例えば、住信SBIネット銀行カードローンを10年以上利用した方の事例ですが、限度額50万円で10.0%というカードローンとしては非常に低い金利で契約を行えています。

消費者金融よりも審査は厳しいと考えておこう

銀行カードローンは金利が低く、銀行という安心感がありますが、審査が厳しくなっています。

「安定的な収入」が確実に必要なほか、「軽微な金融事故歴」でも審査をパスできない可能性があります。

基準は明確にされていませんが、どんな人でも借りられない可能性がある、ということを念頭においてから審査を受けるべきです。

一般には、都市銀行系はより難しく、ネット銀行はやや通りやすくなっていると言われています。審査に受からないかも・・・と不安な人は、ネット銀行の審査から受けてみると良いでしょう。

金利が低い代わりに無利息期間を取り扱っている銀行は少ない

銀行カードローンは、金利が低い代わりに、無利息期間というものはありません。

初回からしっかり金利がかかるので、短期間で返済できる人は、消費者金融の無利息期間を利用すると良いでしょう。

融資まで最短でも翌日以降となるためすぐに借りたい方には向かない

銀行カードローンでもかつては即日融資に対応していたのですが、「銀行がお金を貸し過ぎている」ということが問題となり、即日融資はできなくなりました。

どれだけ早くても申し込んでから翌日の融資となります。

すでに契約がある方はクレジットカードのキャッシング機能が早い

金利融資限度額総量規制即日融資
15.0%~18.0%最大200万円適用不可
無利息期間担保・保証人審査の早さ審査の厳しさ
なしなし*最短即日普通

*ただしカード到着までに3日程度かかります。

最後はクレジットカードのキャッシング機能を使う方法です。キャッシング機能は、クレジットカード契約時にキャッシング機能の審査を受けてパスしていると、いつでもお金を借りられるようになっています。

コンビニATMですぐに借りられますが、便利な反面、ややお得ではない、という特徴があります。

クレジットカードのキャッシングの場合、返済は翌月のクレジットカード請求時に一括払いするか、リボ払いが選べるようになっています。

しかしリボ払いは金利がものすごく高いため、リボ払いを選ばなければならないほど現金が必要というくらいなら、即日融資な消費者金融も検討してみましょう。

それでは、クレジットカードのキャッシングの特徴を見ていきましょう。

唐突な低額出費には便利だが、金利面の優遇は少ない

クレジレットカードは、お金を借りる方法としては決してお得とは言えません。

無利息期間もないし金利も高いので、他の借入方法が利用できるのであれば、他を利用した方が良いでしょう。

ただし、急に2~3万程度のお金が必要になった時には役に立つときがあります。

キャッシングの審査を通過していればですが、コンビニATMがあれば10分もたたずにお金を借りられるからです。

例えば、結婚式のご祝儀の分がどうしても足りない、といったときにも利用可能です。

クレジットカードのキャッシングは最低金利が14.0%程度と、とても高いです。

これは、高額な借入をしたときにものすごい金利がかかるということなので、キャッシング機能を利用するときは、数万円程度の低額出費の際のみにとどめておくべきでしょう。

クレジットカード各社のキャッシング金利をまとめたので、参考にしてください。

カード会社金利(実質年率)
JCBカード15.0%~18.0%
三井住友カード三井住友アウトレットパークなどでお得)15.0%~18.0%
楽天カード18.0%
Yahoo!Japanカード15.0%~18.0%
イオンカード7.8%~18.0%
エポスカード18.0%
ANAカード15.0%~18.0%
ライフカード15.0%~18.0%
ジャックスカード18.0%
セディナカード18.0%
セゾンカード12.0%~18.0%

利用可能額は、ショッピング枠と共有されているため使いすぎると月々の支払いが払えなくなることも

キャッシング機能の利用可能額は、お持ちのクレジットカードの利用可能額からショッピング枠を差し引いた残りとなります。

利用可能額が100万円で、ショッピング利用枠が50万円となると、キャッシング利用枠は残りの50万円となります。

決してたくさん借りられるわけではないので、お手持ちのクレジットカードの利用可能額を予め確認しておくと良いでしょう。

各状況に合わせたお金借りるおすすめな方法について

お金を借りる方法の3つをご紹介しました。

それぞれ特徴があり、お金を借りる理由、金額、期間によって、どれがお得に利用できるかが大きく異なります。

それぞれお得に利用できる人を簡単にご紹介しておきます。

当日中の融資を希望する方や1か月以内の短期借り入れを希望する方は消費者金融一択

急ぎで10万円以上のお金が必要だ、という人は、消費者金融でお金を借りるのがベストです。

消費者金融であれば最短即日でお金を借りられ、初めて借りる場合、ほとんどの消費者金融で無利息期間が適用されるので、30日以内に返済すると金利もかかりません。

銀行カードローンは最短翌日の融資が可能ですが、審査に時間がかかる場合も多く、急いでいる方にはオススメできません。

確実に明日までに必要な人は、消費者金融を利用するようにしましょう。

急いではいないが、借りたい額が50万円以上の方は、銀行カードローンがおすすめ

時間的には余裕があるものの、50万円以上の高額融資を希望している人は、銀行カードローンの利用が良いでしょう。

50万円以上の高額融資を短期返済できる人はあまりいないと思うので、ほとんどが2ヶ月以上の長期融資になると考えられます。

消費者金融の無利息期間の適用は、ほとんどが30日間なので、それを過ぎた時点で金利がかかってしまいます。

銀行カードローンであれば、初月から金利がかかってしまうものの、最高金利が消費者金融に比べて低いので、それほど金利が高くなるわけでもありません。

しかし審査が厳しいので、収入に余裕がある人でないと借りられない場合もあるので、その点は理解し、もし審査に通らなかった場合は、諦めて消費者金融で借りましょう。

単発短期で1・2・3万円程度借りたい方はクレジットカードのキャッシング

出先で現金が必要になった!!という急遽現金が必要というケースには、クレジットカードのキャッシングがとても便利です。

クレジットカードのキャッシングであれば、申込み時に審査を通過しているとコンビニATMや銀行ATMですぐにお金を借りられます。

時間で言っても1時間もかからないので、どの借入方法に比べてもかなりスムーズに借りられる方法です。

しかし金利が高いことと、クレジットカード申込み時にキャッシングの審査を受けていなかった場合は即座の利用ができないことは理解しておいてください。

5万円以内の借入では、それほど気にする必要はありませんが、10万円以上ともなると消費者金融を利用した方がよいでしょう。

消費者金融でも会社と申込み時間帯によっては、最短1時間以内に現金が手に入ります。お金が必要かどうかしっかり検討して、利用するようにしてください。

それぞれの特徴の違いを理解して、自分にあったお金の借り方を選んでください。